事業承継を時間軸として考えると、3つの段階があります。
これを事業承継の3つのフェーズ(段階)と言います。
第1が会社の磨きあげ、第2が後継者の育成、第3が手続き論です。
まず、第1段階の会社を磨きあげるときに、必要なことは何でしょうか。
自社がこれから100年続くとしたら、その長期の事業計画の立案こそ重要です。
事業承継を考え始めたら何からするかを、解説しています。

■事業承継コーチ養成講座 第2期 体験セミナー&説明会のお知らせ
https://www.jsc-kyokai.com/seminar


数年前から事業承継では、2020年問題があると言われています。
2020年からの10年間で、団塊の世代の経営者が続々と引退するようです。
この大問題を解決するために、当事者の経営者と後継者、そして事業承継の専門家が何をすればよいかについて、2020年の展望をお話しします。

■事業承継コーチ養成講座 第2期 体験セミナー&説明会のお知らせ
https://www.jsc-kyokai.com/seminar


銀座で老舗の串揚げ店ながら、父の代までは経営という感覚が薄く、職人的な雰囲気だった。
かつてはその方法がよかったが、時代が変わり、店舗も増えたことで、マネジメントを変えなければ生き残れなかった。
そのために、システムの変化も大切ですが、後継社長自身の経営への意識の変化が重要でした。
家業から企業へ、後継社長の重要なキーワードです。

創業60年の銀座の老舗串揚げ店 ぎんざ磯むら http://www.ginza-isomura.co.jp/


■10月~12月、事業承継コーチ養成講座 第2期 体験セミナー&説明会を開催いたします
https://www.jsc-kyokai.com/seminar


磯村社長が入社した時点で、会社として経営力が未熟な状態で、磯村社長も決算書の読めないなか、自分で経営の勉強をした。
予定より少し早めに30代で社長となり、自分の片腕として現場をサポートする新しいポストを作り、社長は経営に集中できる環境を作った。
店舗で人気のプライベート商品「ポン酢」を販売したのは、その商品が家にあることで従業員と家族がいい関係になることを臨んでいるから。
飲食業や他店舗展開の後継者が共感できる内容です。

創業60年の銀座の老舗串揚げ店 ぎんざ磯むら http://www.ginza-isomura.co.jp/


■10月~12月、事業承継コーチ養成講座 第2期 体験セミナー&説明会を開催いたします
https://www.jsc-kyokai.com/seminar


バーテンダーとして10年修行してから3代目として入社した磯村社長。
同業を経験したことで、ベテラン社員とも共通言語でコミュニケーションがとれた。
さらに、店舗を統括する専務になって業績も管理し始めると、社長と従業員に距離があることが分かり、その間をつなぐことを心がけた。
飲食業や他店舗展開の後継者が共感できる内容です。

創業60年の銀座の老舗串揚げ店 ぎんざ磯むら http://www.ginza-isomura.co.jp/


■10月~12月、事業承継コーチ養成講座 第2期 体験セミナー&説明会を開催いたします
https://www.jsc-kyokai.com/seminar


後継者・後継社長において、ビジネスとお金は切っても切れない関係です。
しかし、お金についての正しい知識を日本人は教育されていません。
よって、お金のイメージがいいことも悪いことも思い込みがあり、その思い込みがあなたのビジネスの可能性を小さくしているかもしれません。
今回はお金とメンタルの関係性を解説しています。


10月~12月、事業承継コーチ養成講座 第2期 体験セミナー&説明会を開催いたします
https://www.jsc-kyokai.com/seminar


法律家の3代目でありながら、独立した仕事の方法で顧客を拡大させてきた堂野先生のインタビューから
・引き継いだ会社(事業)が足かせになるか?
・自社株を渡したいのに渡せない経営者の心情とは?
・後継者なりの強みを得るためには?
などのポイントについて、解説します。


10月~12月、事業承継コーチ養成講座 第2期 体験セミナー&説明会を開催いたします
https://www.jsc-kyokai.com/seminar


事業承継で法律に関わることで問題が発生することがあります。
会社にとっては、スムーズな社長のバトンタッチこそ、重要です。
事業承継での失敗を回避し、会社が円満に引き継げるポイントをお話いただけました。
法律家の貴重なインタビューです。


10月~12月、事業承継コーチ養成講座 第2期 体験セミナー&説明会を開催いたします
https://www.jsc-kyokai.com/seminar


弁護士は裁判をするのが仕事と思っていたのに、就職した弁護士事務所で会社に関わる法律の仕事をすることで、弁護士はサービス業と確信する。
そこから、父親の法律事務所に入るも、自分で父親を乗り越えたいという思いから独立独歩で顧客を拡大し、ついには父親を超えた秘訣をお話いただきました。


10月~12月、事業承継コーチ養成講座 第2期 体験セミナー&説明会を開催いたします
https://www.jsc-kyokai.com/seminar


自社株が分散することで、会社にとって具合が悪いことがあります。
基本的には、現経営者がほとんど自社株を保有し、後継者がそれを取得することが望ましい。
しかし、やむをえず株式が分散している場合もあり、その対策が急務の企業もあります。
今回は、分散している場合の自社株対策をお伝えします。


10月~12月、事業承継コーチ養成講座 第2期 体験セミナー&説明会を開催いたします
https://www.jsc-kyokai.com/seminar