歌舞伎役者市川團十郎が愛した最中を製造する老舗の成田家。
その4代目として家業を継ぐか継がないかを長く葛藤したすえに、和菓子屋の息子は一生ついて回ると和菓子の道へ。
その後、洋菓子製造会社に勤めた後に家業へもどると、あまりの常識の違いに、葛藤する。
多くの後継者が共感できる「苦しい後継者時代」について。


10月~12月、事業承継コーチ養成講座 第2期 体験セミナー&説明会を開催いたします
http://urx.blue/Q4yK


他者との差別化が難しい、将来の顧問料が不安という士業・コンサルタントの先生へ

最もニーズのある事業承継の専門家になって、あなたの価値をずっと高めて、地元で人気で信頼させる方法を半年間で手に入れませんか

すでに確立されたノウハウとコンサルツールで誰でも事業承継ができる!
顧問料アップや新規顧客獲得など受講生がドンドン成果を出しています


事業承継コーチ養成講座第2期 体験セミナー&説明会開催
http://urx.blue/Q4yK

チラシ表完成版190827.pdf

新一万円札の肖像画として、注目が集まっている渋沢栄一さん。
日本資本主義の父と言われ、500以上の会社の経営に携わった凄腕の経営者であり、明治の偉人です。
その渋沢さんが、知識を磨けという言葉を残しています。
その真意を解説しています。


10月~12月、事業承継コーチ養成講座 第2期 体験セミナー&説明会を開催いたします
http://urx.blue/Q4yK


勘と経験のワンマン経営から、数値を元にした参加型経営へ。
後継社長が会社の数字を見える化したことで、社内が数値にこだわる会社になった。その方法とは。
さらに、前編の解説も最後にお話ししています。


社長になったら24時間休む間もなく働くと思っていたが、実は違い、意外と自由な時間も持てた。
その要因は、林社長が部下に「任せる」ことでした。
どうやって任せて、どうやって部下が考えるようになったか。
組織の長となる後継社長は知っておきたい内容です。


エンジニアから自社に入社したものの、会社を継ぐかは決めていなかった。
とはいえ、流されるままに会社を継ぐのは嫌だった。
そこで、高橋の事業承継の研修を受け、「超友好的にのっとる」と分かってから変化が起こりました。
後継者のちょっとしたメンタルのスイッチで、人生が変わる内容です。


自社株対策として、後継者・後継社長に自社株を集中させることは重要です。
ただし、株価が高い場合などで贈与や買い取りだけでは難しい場合は、従業員持ち株会を設立し、そこに自社株を持つこともできます。
従業員持ち株会が自社株を持つことのメリットや、後継者が経営者として持ち株会に貢献することができることなど、その概要を解説します。
株式が分散している会社には有効な内容です。


大きな投資の決断を会長に納得してもらい、設備を新調したことで、不良率が高まっていた製造ラインの正常化を実現する。
販売機会を捉えて業績向上と不良率低下で利益の高まった事業承継としては、そのことで自社株式が分散していたことも課題だった。
多数に分散した株を集約した方法とは。
後継者にとって、業績と自社株式と、大きなヒントになるインタビューです。


専務時代には経営的な提案について、会長となった先代に聞き入れられなかった。
また、会長は代表権をもっていたので、経営会議などでは会長の顔をみて行動する社員が多く、困っていた。
それでも、意識改革のひとつとしてISO14001を工場と本社で取得した。
その後、設備の老朽化から設備の更新や新工場の増設、物流設備の新設など、次々と積極的な投資をする。
そこに会長を納得させたものは・・・。


大手企業のサラリーマンから、経営者の急病で、悩みながらも会社に戻った古谷社長。
入社数年は、社内では営業実務に従事しており特別扱いはなかったが、社外からは次期経営者としての視線にプレッシャーを強く感じていました。
一方、会社としては古い経営体質に危機感を感じており、効率化やIT化には高いハードルがあった。
このままでいいのかと、経営感覚のズレを後継者として悩んでいた。