事業承継で悩んでいる方へ

後継者にとって、事業承継を上手く乗り切って、
会社を成長させるための方法を知っていますか。

事業承継コンサルティング15年の実績に加え、
自身の後継者時代の苦労した経験から、
事業承継に必要なリーダーシップと経営マネジメントについて
分かりやすく解説するオンラインセミナーです。

受講生も士業から後継社長まで幅広く、成果も多数です。
※事業承継の支援の顧問先が増えた(税理士)
※事業承継後の自社の組織づくりができた(後継社長)

詳しくはこちらをご覧下さい。

一般社団法人 日本事業承継コーチング協会
https://www.jsc-kyokai.com/
お問い合わせもこちらから

セミナーのご案内
https://www.jsc-kyokai.com/seminar

jigyoukeisyouseminar.pdf

ハウスメーカーの下請けとして、祖父の時代から成長してきたが、
主力のハウスメーカーが、これまで外注していた仕事を内製化したことで、
いっきに仕事量が減り、厳しくなった。
そこで、なんとかしなければと大阪への「飛び込み営業」を繰り返します。
訪問しては断られ、辛いことも多かったのですが、
ユーザーの生の声を聞くことで、自社の不足していること、
自社にとって可能性のある仕事を見つけます。


アシスト2代目(株式会社高橋)
後継者・後継社長の方
http://asisst-2daime.com/

事業承継コーチング協会
士業・コンサル・FPの方
https://www.jsc-kyokai.com/


後継者・後継社長が部下と信頼関係を築くために必要な能力が傾聴力です。

相手の言うことをしっかり聞いて、分かったことを相手にも伝える。
この円滑なコミュニケーションが信頼関係の第一歩です。
部下から「分かってもらえている」と思われるリーダーになるため、
傾聴力を発揮するための様々な手法を解説しています。
ぜひお聞き下さい。


アシスト2代目(株式会社高橋)
後継者・後継社長の方
http://asisst-2daime.com/

事業承継コーチング協会
士業・コンサル・FPの方
https://www.jsc-kyokai.com/


インタビューのポイント
1.後継者時代に知識を高めつつ、先走らずに先代を説得しつづけた「ねばり」

2.仕事の方向性として、アナログ印刷からデジタルの内容に変えたのは、後継者経営として、既存事業から発展された新事業にしたことが成功の秘訣

3.専門家を外注しグループ化して、自分の仕事以外に仕事をとれるメンバーを増やした。そのことが、自社として仕事を増やした。

服部社長が自身の強みを活かしながら、後継者時代と後継社長として成長されたことを解説しています。


有限会社テーエス企画
https://www.ts-kikaku.com/


アシスト2代目(株式会社高橋)
後継者・後継社長の方
http://asisst-2daime.com/

事業承継コーチング協会
士業・コンサル・FPの方
https://www.jsc-kyokai.com/


大手の下請けで安定経営していたが、ある日、取引が中止され、
会社の経営がドンドン厳しくなっていった。そこで、社長を交代した。
服部社長が、売上のために獲得した新規顧客からの仕事も、
社内では単価が低く、歓迎されなかった。
ならばと、デジタルコンテンツを優先して獲得し、自分で製作して、
社内から文句を言われないようにした。
そこから、外部を活用した事業の拡大がスタートした。

有限会社テーエス企画
https://www.ts-kikaku.com/


アシスト2代目(株式会社高橋)
後継者・後継社長の方
http://asisst-2daime.com/

事業承継コーチング協会
士業・コンサル・FPの方
https://www.jsc-kyokai.com/


大手の下請けで安定経営していたが、2社に頼る経営には不安があった。
服部社長は新規開拓をしたいと提案するが、先代からは何年も反対された。
そんななか、将来の経営に役立つための研鑽(WEBや財務知識)は欠かしませんでした。
雌伏の時間をどのようにするか、後継者には大きなヒントです。

有限会社テーエス企画
https://www.ts-kikaku.com/


アシスト2代目(株式会社高橋)
後継者・後継社長の方
http://asisst-2daime.com/

事業承継コーチング協会
士業・コンサル・FPの方
https://www.jsc-kyokai.com/


江戸時代の名君として知られる上杉鷹山。
あのJFケネディが最も尊敬する
日本人として紹介されたことで有名です。

多額の借財で、廃藩寸前の米沢藩を再興させた上杉鷹山の手法には
後継者後継社長として学ぶべきところが多くあります。

今回は、危機的な状況からの改革を成し遂げるために
最初に必要な人心掌握術について解説します。

事業承継前後で、会社の体質改善を考える方には、ヒントになる内容です。


アシスト2代目(株式会社高橋)
後継者・後継社長の方
http://asisst-2daime.com/

事業承継コーチング協会
士業・コンサル・FPの方
https://www.jsc-kyokai.com/


娘婿として2代目社長となった芝田社長は、会社を引き継いで約8倍に成長させています。
新しい事業を見つけ、実行するマーケティング力であったり、
当初は知識がなかった財務も、自ら勉強して税理士と対等に話せたり、
たくさんの努力をされていました。
そして、芝田社長の成功を支えている最大の要因は、奥様のサポートにあります。
後継社長の仕事だけでなく、プライベートの充実が会社を成長させる要因になっています。
ぜひ、お聞き下さい。


アシスト2代目(株式会社高橋)
後継者・後継社長の方
http://asisst-2daime.com/

事業承継コーチング協会
士業・コンサル・FPの方
https://www.jsc-kyokai.com/


社長を引き継いで、事業を広げるために様々な工夫をされる芝田社長。
社内の理解を得ることや、社外の力も巻き込むことで、事業を広げていきます。
そこには、人と人との関係性を大切にし、わかり合える努力を惜しみません。
さらに、資金繰りなどの財務も社長になるまで全く勉強しておらず、そこから努力します。
会社を経営する上での、仕事とお金の難しさを痛感しながらも、会社を成長させました。
事業を広げていきたい後継社長には、ヒントの多い内容です。


アシスト2代目(株式会社高橋)
後継者・後継社長の方
http://asisst-2daime.com/

事業承継コーチング協会
士業・コンサル・FPの方
https://www.jsc-kyokai.com/


社長の娘と結婚するので、先代に勧められて入社した芝田社長。
素人から自動車整備の技術を現場で身につける修業時代を経て、成長を実感します。
その反面、将来を考えると自動車整備だけでは仕事の先細りも見えてきました。
そこで、整備業だけなく、車検や保険などの仕事を広げていこうと努力するものの、
先代は広げることに否定的なため、しばしば意見が対立します。
そのなかで、会社の将来のために、様々な準備を後継者時代に進めます。
そのやり方について、将来を考える後継者に、必ず聞いていただきたい内容です。


アシスト2代目(株式会社高橋)
後継者・後継社長の方
http://asisst-2daime.com/

事業承継コーチング協会
士業・コンサル・FPの方
https://www.jsc-kyokai.com/