事業承継で悩んでいる方へ

後継者にとって、事業承継を上手く乗り切って、
会社を成長させるための方法を知っていますか。

事業承継コンサルティング15年の実績に加え、
自身の後継者時代の苦労した経験から、
事業承継に必要なリーダーシップと経営マネジメントについて
分かりやすく解説するオンラインセミナーです。

受講生も士業から後継社長まで幅広く、成果も多数です。
※事業承継の支援の顧問先が増えた(税理士)
※事業承継後の自社の組織づくりができた(後継社長)

詳しくはこちらをご覧下さい。

一般社団法人 日本事業承継コーチング協会
https://www.jsc-kyokai.com/
お問い合わせもこちらから

セミナーのご案内
https://www.jsc-kyokai.com/seminar

jigyoukeisyouseminar.pdf

社長の娘と結婚するので、先代に勧められて入社した芝田社長。
素人から自動車整備の技術を現場で身につける修業時代を経て、成長を実感します。
その反面、将来を考えると自動車整備だけでは仕事の先細りも見えてきました。
そこで、整備業だけなく、車検や保険などの仕事を広げていこうと努力するものの、
先代は広げることに否定的なため、しばしば意見が対立します。
そのなかで、会社の将来のために、様々な準備を後継者時代に進めます。
そのやり方について、将来を考える後継者に、必ず聞いていただきたい内容です。


アシスト2代目(株式会社高橋)
後継者・後継社長の方
http://asisst-2daime.com/

事業承継コーチング協会
士業・コンサル・FPの方
https://www.jsc-kyokai.com/


中小企業にとって、人材は大切です。
大企業に資金と資産では勝てないので、人材で現場での工夫やチームワークで付加価値を高めることが基本戦略です。
そのためには、社員教育を定期的に実施して、人材を育てることが大切です。
人材を育てるには技術能力面と心理面があり、それらについて解説しています。
社員教育の大切さとその実行について、ぜひお聞き下さい。


アシスト2代目(株式会社高橋)
後継者・後継社長の方
http://asisst-2daime.com/

事業承継コーチング協会
士業・コンサル・FPの方
https://www.jsc-kyokai.com/


社長に就任後、力を入れた人材育成でしたが、一番の悩みも人材育成でした。
若手社員は研修などで大きく変わり成果も出せているのに、ベテラン社員はあまり変われていないことに、社長はその人の人生を心配します。
長く働いてもらうために、粘り強く対話し、社長の経営の方向性を分かってもらう努力をします。
ベテラン社員の対応に大きな参考となる内容です。


アシスト2代目(株式会社高橋)
後継者・後継社長の方
http://asisst-2daime.com/

事業承継コーチング協会
士業・コンサル・FPの方
https://www.jsc-kyokai.com/


社長に就任しても、仕事の引き継ぎはなく、何をすればいいか分からなかった。
そこで、まずは資金や財務から学ばれました。
そして、社内にあった資金を人材育成に活用しました。
社員が新しい知識や新鮮な経験をすることで、能力や見識が高まり、社内の活性化につなげていった。
当初はあまり変化は感じられなかったが、あるとき社長自身が変化を実感した。それは○年後でした。
人材育成の大切さが分かるインタビューです。


アシスト2代目(株式会社高橋)
後継者・後継社長の方
http://asisst-2daime.com/

事業承継コーチング協会
士業・コンサル・FPの方
https://www.jsc-kyokai.com/


二葉企画に入社したものの、自社が「会社」でないことに気づきます。
急に部署が変わっても、引継ぎもなく、仕事のやり方のレクチャーもない。
それでも、体当たりで仕事をした小林社長に仕事のやり方や考え方を教えてくれたのは、先代から付き合いのある古い取引先の社員でした。
そこから、顧客先で自分なりの人脈を拡大し、仕事を増やしていきます。
若くして入社した後継者には、大きなヒントになる内容です。


アシスト2代目(株式会社高橋)
後継者・後継社長の方
http://asisst-2daime.com/

事業承継コーチング協会
士業・コンサル・FPの方
https://www.jsc-kyokai.com/


中小企業の経営において、売上増加のマーケティングは重要です。
そのために、販売単価を高めるか、販売数量を増やすかについて、それぞれ対策を実行します。
今回は販売数量を増やすための考え方です。
値引きではなく、おまけをつけるという経営者としての思考について解説します。
同じ努力でも、ちょっとした違いで社内に利益が残ります。ぜひお聞き下さい。


アシスト2代目(株式会社高橋)
後継者・後継社長の方
http://asisst-2daime.com/

事業承継コーチング協会
士業・コンサル・FPの方
https://www.jsc-kyokai.com/


診療所を引き継ぐつもりはなく、自分で開業するつもりだった山口先生。
だから、やりたいことを実現していくバイタリティーにあふれています。
しかし、自分のやりたいことばかりを推し進めるのでは、衝突します。
そこで、先代を院長として尊敬し、しっかり立てます。
そうすることで、診療内での揉め事はなく、最終的に円滑にバトンタッチが出来ます。
そのほか、診療所を引き継いでからの人材の悩みや新しい仕事の開発など
診療所経営と会社経営に通じることを解説しています。


アシスト2代目(株式会社高橋)
後継者・後継社長の方
http://asisst-2daime.com/

事業承継コーチング協会
士業・コンサル・FPの方
https://www.jsc-kyokai.com/


副院長として3年ほどたった時に、先代から院長を任された。
歯科医としての技術力が認められたと感じた山口先生。
かねてから考えていた、「自分のやりたい診療」を実現するために、奮闘されます。
しかし、院長になってみると様々な問題、特に人材の定着と育成に悩みます。
その時、自分に足りないのは「人間力」だと知ります。
そして、それを改善するために、あることを学びます。
技術や腕に自信のある後継者・後継社長にぜひお聞きいただきたい内容です。


アシスト2代目(株式会社高橋)
後継者・後継社長の方
http://asisst-2daime.com/

事業承継コーチング協会
士業・コンサル・FPの方
https://www.jsc-kyokai.com/


父が歯科医として開業したが、
山口先生は幼少期に歯科医となることを強要されなかった。
大学進学時に、医師か歯科医かを悩んでいたが、
最終的には父に背中を押され、歯科医に進学した。
歯科医になり、他院の勤務を経て、父の診療所が移転・リニューアルする
タイミングで山口歯科診療所に戻ってくる。
院長と副院長として共に働き、
院長は既存患者、副院長は新規患者と
役割を分担することで、診療所は順風に運営された。
院長は副院長の最新技術などを認め、副院長は院内では院長をたてた。
親族承継によくあるメンタルな問題が少ない、事業承継の成功事例として、ぜひお聞き下さい。


アシスト2代目(株式会社高橋)
後継者・後継社長の方
http://asisst-2daime.com/

事業承継コーチング協会
士業・コンサル・FPの方
https://www.jsc-kyokai.com/