「フランス女性は一生女性として現役だというイメージがありますが、女性としての大きな変わり目である更年期自体はどう捉えてどう対処してるのでしょうか?」という質問をいただいたので、ディスカッションしています。

オープニングは、フランス在住者のヘアケアについて語っています。


「満足と停滞の違いは何だと思いますか?現状が幸せだなと感じると、もっと上にという欲求が減ってしまい、「そこそこ」になってしまうと感じることがあります。ゴリゴリ努力して突っ走るのも私が理想とする状態ではなく、幸せを感じながら、でも現状に甘んじず前に進むにはどういうマインドでいると良いのでしょうか?」という質問をいただいています。

オープニングでは、日本で気づいた服装とスタイルについて、語っています。



御年79歳、在仏生活51年の弓シャローさんのインタビュー(2回目)。
フランスに来てからどんな仕事をし、どんな生活をしていたのか、40代半ば日本人でもフランス人でもない根無し草のような苦悩の気持ち、日本、日本人の素晴らしさ、フランスの魅力などを語っています。

オープニングでは、日本で感じた「話し方や言葉に対する衝撃」についてお話しています。


御年79歳、在仏生活51年の弓シャローさんのインタビュー(1回目)。名家のお嬢様、戦後の話、そして66年にフランスに渡り、結局そのまま日本に戻らずにフランスに残ることを決めた若かりし頃のヒストリーをお話してくださっています。

オープニングでは、さゆみさんとも再会。お互いのヴァカンスについて語っています。


「制約って、一見ネガティブに見えますが、実はまったく違うのですよね」
クライアントさんとのセッションの中で出てきた話、実際の実例も合わせてシェアしています。

オープニングでは、8月のパリがなぜ好きなのか。普段と何が違うのか、生活の中で感じることを具体例をあげながら解説しています。


「アキさんは、もともと自信に満ち溢れていた方ですか?それとも過去に自信を取り戻されたのでしょうか。もしそうならきっかけを知りたいです。」
という質問をいただいたので、半生を振り返ったわたしの「自信」についてお話しています。

オープニングでは、夏のヴァカンスの日程に関する日仏比較や、わたしのヴァカンス先を選ぶポイント、実際に行ってきた今年ヴァカンス概要について語っています。


コーチングをしていて、たくさんの人を見ていて感じる変化の早い人とそうでない人の違いについて、2つのポイントをお話しています。

オープニングでは、東京に1ヶ月行ったときに感じた「人はなぜ謝らない」というフランスと日本の文化比較について語っています。


Vol.71「いいコーチを選ぶ秘訣」

  • 投稿日:

今回は、わたしのしているコーチングについてお話しています。
コーチングに興味を持ち、コーチをつけたい人が増えている中で、「どうやってコーチを選んだらいいのか?」という大切な2つのポイントについてお話しています。

オープニングでは、東京に1ヶ月行ったときのびっくりネタ!について語っています。


「自分のモチベーションが下がってしまった時は、どのようにもちなおしていらっしゃいますか?
日々の生活に余裕がなくなると、やる気が急になくなってしまうことがあります。
アキさんはいつもパワフルにご活動されていらっしゃると思いますが、そのようなことありますか。もしあったらそういう時にどうされているかお聞きしたいです。」
という質問をいただいたので、答えています。

オープニングでは、同じブランドで日本とフランスでの色やラインの違いなど、マーケティングが全く違うという文化比較についてお話しています。