「フランス人にとってライフコーチってどんな存在なのでしょうか?
そもそも、フランスの方は、ライフコーチを必要として一緒にワークしたりするのでしょうか?フランス在住のフランス人の友人とスカイプで話していたときに、
『フランスではコーチって一般的じゃないよ。僕たちはあんまり使わない。』と言われました。
アキさんも以前からおっしゃるように、自分軸という言葉自体がそもそもフランス語にないように、自分のことは自分でわかる!というマインドセットなのでしょうか?」

という質問をいただきました。
人事(ヒューマンリソース)の世界のフランスならではびっくり事実についても話しています。

オープニングでは、「パリは大人の街である」という実体験のお話をしています。
オフィシャルサイトは、http://projectsparis.com/


Vol.85「タフだけど、ラクになる」

  • 投稿日:

Furoshiki(風呂敷)をネットで世界で販売しているボウスキル京子さんのインタビュー2回目。3年間という期間限定で、日本のルールがきかないロンドンでのゼロからのスタート。「久しぶりに自分に戻れた」というロンドンから、今度はまた東京に戻った後の、逆カルチャーショックとそこでどう再適応していったかなど、具体的な経験をお話してくださっています。

オープニングでは、トレンドとファッションの日仏の違いについてお話ししています。
オフィシャルサイトは、http://projectsparis.com/


Furoshiki(風呂敷)をネットで世界で販売しているボウスキル京子さんのインタビュー1回目。日本のマーケットだけでは難しいと、世界をターゲットに、風呂敷を風呂敷としてではない用途でどんな風にインターネットだけで広げていったのか、「世界が日本地図並みに小さくなっている」という声とともに詳しい話をうかがっています。

オープニングでは、SNSでの断言口調やあおりにちょっと疑問をもっている、という話をしています。
オフィシャルサイトは、http://projectsparis.com/


「女性のオス化について、周りからも、仕事ができて海外で一人暮らしができて自立できて恋愛がうまくいかない、そんな人が私の周りの友人にもチラホラいます。人に依存せず自立できたほうがいいんじゃない? そう思って頑張ってきたのに、いざ自立したらそれはやり過ぎと言われる、やっぱり男性に依存して専業主婦したほうが幸せなのかなと思ってしまいます。アキさんのお考えを聞いてみたいです。」
という質問を受けたので、女性のオス化について話しています。

オープニングでは、わたしの新しいチャレンジについて話しています。
オフィシャルサイトは、http://projectsparis.com/


「今まで自分に合った仕事を求めて、転職を繰り返してきました。でも結局妥協して、我慢して働いている自分がいます。今からまた新しい仕事(土地)に飛び込もうとするのは無謀な考えでしょうか。自分によく、自分の好きな事でお金を稼ぐなんて簡単には出来ない、など、否定的な意見を聞きます。これは本当でしょうか。」という質問をうけましたので、それについて話しています。

オープニングでは、さゆみ家のびっくりニュース(?)についてお話しています。
オフィシャルサイトは、http://projectsparis.com/


女性起業プロデューサー、大東めぐみさんのインタビュー(2回目)。バリバリのキャリアウーマンから一転、乳飲み子を抱えての香港生活での辛い日々、そこからどう抜け出したのか、「志の高さ」と「ずば抜けた行動力」の秘訣を語っています。
 
オープニングでは、子供の中学生活スタートの中で感じた「フランスでの英語教育」についてお話しています。
オフィシャルサイトは、http://projectsparis.com/



起業プロデューサー、大東めぐみさんのインタビュー(1回目)。ノーベル賞をとるような人の役に立つ研究をしたい、と思って博士課程まで行っていためぐみさんが、急に28歳で就職することになった人生のターニングポイント、そして就職先でのカルチャーショックなど、今のめぐみさんの原点がわかります。

オープニングでは、9月に日本に戻った時のグループセッションで感じた今の日本人女性の傾向について話しています。

オフィシャルサイトは、http://projectsparis.com/


「自分のことと子育ての両立について、両方バランスよくやるために時間の使い方や心の使い方を知りたいです。」という質問をいただきました、自分のしたいことと日常の雑事もろもろをどうやってうまく取り組むか、のヒントについてお話しています。

オープニングは9月頭に旅行で行ったベルリン初体験についてお話しています。


「フランス女性は一生女性として現役だというイメージがありますが、女性としての大きな変わり目である更年期自体はどう捉えてどう対処してるのでしょうか?」という質問をいただいたので、ディスカッションしています。

オープニングは、フランス在住者のヘアケアについて語っています。