後継者から後継社長となり成功を収めた丸さんでしたが、その途中で様々な問題に直面します。

後継者時代には現場だけ一生懸命やっており、そのことで経営者になるための準備や経験が不足していました。

後継者時代に経営者になるための準備をしておくことの必要性を、丸さんのお話を振り返りながら解説しています。


会社を引き継ぐことになった丸さん。いきなり手形の不渡りになり、金融機関からも借りられず、窮地に陥った苦難のスタートでした。

しかし、丸さんはそこから当時としては先進的な取り組みをし、会社は急成長します。そこから拡大路線をとったことで、忙しくなりすぎ、細部まで手が届かなくなります。そのことがクレームを増加させ、会社の歯車を狂わせました。今思い返しての会社としての文化の大切さを語っていただきました。


ご尊父が経営されていた建設業に入社して、がむしゃらに働いた後継者時代。

ワンマン社長の会社によくあることですが、社長が営業して、図面も書いて、すべてを担っており、丸さんは現場だけ担当していました。その経営者が急病になって、社内が混乱し、大きなショックを受けられます。

経営者としての仕事や考え方を引き継げなかったことについてお話しいただけました。


人材育成は後継社長にとってとても重要な課題です。
ワンマンからチームワークへ会社を転換させる大事なポイントです。
特に経営幹部層のリーダーシップを育てるための方法についてお話しています。
人材の3つのタイプから、どのように活用するかも合わせてお話しています。


入社当初は会社を引き継ぐつもりはなかった竹中社長が、社長となって会社を成長させたインタビューから、3つのポイントについてお話しています。

ひとつは会社への愛情と感謝、次に人材の育成強化、3つ目に長期的な展望の共有。

どれも後継者にとって大切なことです。ぜひお聞きください。


会社を引き継ごうと決めてから、社内の課題をいくつも改善している竹中社長。最も力を入れているのは人材の育成。多くの中小企業が人材不足と人材育成に課題がありつつ、それを後継社長が担っていくことで、次の成長につながっていきます。その人材育成の成功へのポイントをお話しいただいております。


株式会社竹中製作所は東大阪で老舗の製造業。業界では有名な会社です。会社員をされてのちに、自社に入社したものの、最初は会社を継ぐつもりは全くなく、サポート役に徹するつもりでした。しかし、自社に勤め始めると、だんだん「この会社を良くしたい」という愛情が強くなっていきます。

情熱的な竹中社長のお話をお聞きください。


男澤店長にお話しいただけた、自分のメンタルとの向き合い方について解説しています。後継者にとって、経営力と知識と同様に大切なのが、メンタルを高めることです。社長(親)から認められないというつらい状況で、それを乗り越えるためのメンタルの知識と実践の大切さをお伝えしています。