経営理念の重要性は皆さんご存知だと思います。
その経営理念を家訓として長く引き継いで、商売に成功している名家に学びます。
今回は三菱家の家訓です。
創業者岩崎弥太郎さんが商売繁盛のために作った家訓のうち「事業を受け継ぐには小心で当たれ」を中心に解説します。
会社が長く続くための経営理念の秘訣が詰まっています。


中小企業のマーケティングの基本は、顧客ニーズを分かったうえで製品やサービスを提供しなければなりません。
しかし、その顧客ニーズが潜在的でつかみづらいものです。
そこで、後継者のためのマーケティングとして、顧客・取引先の潜在ニーズを獲得できる2つの質問を解説します。


自社の豚のブランドを確立する。その困難な内容に宮治社長は取り組みます。
最初はバーベキューからスタートし、情報を拡散、取引先を増やすなど、その長期的な計画力と実行力とは。
カンブリア宮殿でも紹介された宮治社長。新しいブランドを確立しようと考えている後継者にとって、ゼロから作り上げる方法は参考になる内容です。

みやじ豚 https://miyajibuta.com/


「生産からお客様の口まで一貫してプロデュースすることが農業だ」
新しい概念を実現しようと奮闘される宮治社長。
そして、実家に帰ってみると、その2ヶ月前に弟が先に実家に帰っており、びっくり。
今時の事業承継は長男ではなく、早い者勝ち(?)
生産は弟にまかせて、兄は新しいブランド構築と流通経路の開発・営業強化に力を入れていきます。
会社を引き継ぎ新しい時代に合わせて会社を成長させる、後継者としての活動の奮闘記です。

みやじ豚 https://miyajibuta.com/


興味のなかった実家の豚を友人に美味しいと言われたのにどこに売っているか分からない、その事実に愕然とした。
そして、サラリーマンをしながら農業の可能性に気づき、実家に帰ることを決意した。
その前にテストマーケティングで自分の覚悟も確かめた。
カンブリア宮殿でも紹介された宮治社長の話は、農業関連の後継者には希望の話の第1章です。

みやじ豚 https://miyajibuta.com/




波瀾万丈の後継者時代から、ドン底の経営状態を回復させた中田社長。
それができたのは、老舗企業の3代目としての
・自らの後継社長としての覚悟
・社内の現状をくまなく洗い出す精密さ
・自らの言葉の重さをしった責任感
これらについて解説しています。


トップ営業として猛烈に働いていた中田社長は部下にも厳しく指導するも、その厳しさから社内から反発にあう。
さらには先代とも対立し、一度退社。
4年後会社は窮地に陥り、やむをえず会社に戻るものの、その日から営業数値の達成を求められた。
そんな厳しい状況から気合いで回復した。
しかし、社長就任後は厳しいばかりではなく、部下を動かす方法や新事業の仕組み化など、様々な活動で現在にいたる。
熱血漢の後継者にぜひお聞きいただきたい内容です。


実家の人手不足から急遽呼び戻された中田社長。
実家の会社に帰るには中途半端はできないと覚悟を決めます。
しかし、経営者一族の3代目として社内から色眼鏡で見られ、まともな指導やアドバイスはもらえません。
それが、自分で考えて行動する独自の営業スタイルにつながります。
思い切って行動したい後継者のヒントになる内容です。


後継者・後継社長にとって、最大の問題の一つに部下とのコミュニケーションがあります。
それを改善するためには、後継者・後継社長が自分の志を明確にした経営理念を明らかにすることが重要です。
しかし、事業承継する中小企業ですでに経営理念がある場合、どのように後継者らしい経営理念にするかをお話ししています。


エンジニアから家業を引き継いだ池田社長。
頑固な職人ばかりの職場で、自社の強みや特徴をどのようにして身につけたのか。
また、急遽社長になったのちに、思い切って改革できたポイントについて解説しています。
大きな変革を必要と感じている後継者・後継社長にピッタリの内容です。