寺井社長が意識したことは生産性の向上です。
それまでの長時間労働ではなく、同じ成果を短時間で達成するために
何を改善するべきなのかという社内改善に取り組みます。
「あるべきものが、あるべき場所にある」
という基本理念のもとに、モノの置き場だけでなく、
データの保管場所を社内で共有することで、
圧倒的な生産性を出しました。
後継社長の経営改善のモデルケースと言えます。
ぜひお聞き下さい。


▶アシスト2代目(株式会社高橋)
後継者・後継社長の方
http://asisst-2daime.com/

▶事業承継コーチング協会
士業・コンサル・FPの方
https://www.jsc-kyokai.com/


学生時代から自社を継ぐかどうか、大きな葛藤があった寺井社長。
継ぐという気持ちと、自分の力で生きたいという気持ちの狭間で悩みます。
サラリーマンを5年経験し、ようやく決意した寺井社長ですが、
入社1年で先代が会長へと引退します。
寺井社長は経営者として頑張ろうとするものの、
会長から指示の電話が毎日鳴り、そのストレスに疲れ果てます。
後継者なら誰でも先代との関係性に悩みますが、それをどのように克服したか
大きなヒントになるインタビューです。ぜひお聞き下さい。


▶アシスト2代目(株式会社高橋)
後継者・後継社長の方
http://asisst-2daime.com/

▶事業承継コーチング協会
士業・コンサル・FPの方
https://www.jsc-kyokai.com/


後継者・後継社長には、組織をリードすることが求められます。
そのためには、従業員と良好な関係を築くことが必要なんですが、
なかなか難しいのが、後継者経営です。

なぜなら、そもそも後継者時代にはそこまでの信頼関係を
必要としないためです。
ですから、「経営者」として人間関係を作るのですが、
そのために相手への質問が重要です。

この質問する力を高めるためのスキルを解説しています。
多くの従業員を引っ張るために、
後継者・後継社長に必須の能力です。

ぜひ、お聞き下さい。


▶アシスト2代目(株式会社高橋)
後継者・後継社長の方
http://asisst-2daime.com/

▶事業承継コーチング協会
士業・コンサル・FPの方
https://www.jsc-kyokai.com/


未経験で創業し成功した要因は
「小林家の名前に恥じない」という気持ちがありました。

自分の思いを聞いてもらう人を作る。
結果を出すと、成功した人と出会い、
そして、さらに成功が続いて行きます。

後継者に重要なことは伝える技術です。
伝える技術がないと、再現性がなく、承継できません。
伝える技術を高め、そこから聞く技術を磨き、
先代の経営ノウハウや経験を受け取って、
自分らしい経営へ、成長させていきます。

特に若い後継者の皆さん、ぜひお聞きください。


▶アシスト2代目(株式会社高橋)
後継者・後継社長の方
http://asisst-2daime.com/

▶事業承継コーチング協会
士業・コンサル・FPの方
https://www.jsc-kyokai.com/


失敗したら会社を引き継がない、という決意で飲食店を創業し、
目標の1億円を達成しました。そこで母親に認められ、社長交代となりました。

しかし、現場しか知らなかったので、経営を学び始めました。
長時間労働で成果を出すやり方から、
経営者として意志決定に集中することで、売上や利益に繋がっていきました。

そして、先代《母親》は経験があるが、教えてもらえない。
社長の仕事を再現できないと承継できない。
そのために、伝える技術が重要と気づき、実践します。

創業者であり、後継社長である小林社長の言葉には重みがあります。
ぜひお聞き下さい。


▶アシスト2代目(株式会社高橋)
後継者・後継社長の方
http://asisst-2daime.com/

▶事業承継コーチング協会
士業・コンサル・FPの方
https://www.jsc-kyokai.com/


小学生の時に父親が亡くなり、10億の借金が残るものの、
母親が会社を引き継いで返済されました。
それを見ていた小林少年は、母親にも地域にも恩返ししたいと
強く想い、そのために自分の力で飲食店を創業しました。

しかし、未経験で始めたため、苦労の連続でした。
見かねた母親が経営のアドバイスをしても、
素直に聞けず、反発する時もありました。
そこから毎日頑張ることで、1億の売上を達成しました。

経営者へと成長する過程で、
チームで成功する楽しさ、人の力を借りることの大切さを知りました。
創業を経験した後継社長ならではの、力強い言葉をぜひお聞き下さい。


▶アシスト2代目(株式会社高橋)
後継者・後継社長の方
http://asisst-2daime.com/

▶事業承継コーチング協会
士業・コンサル・FPの方
https://www.jsc-kyokai.com/


「後継者は何歳で社長になればいいでしょうか」

この質問に答えるには、事業承継した後に
後継社長の経営のタイムスケジュールを知ることが大切です。
そして、そこから逆算して、事業承継までに
後継者がどんなキャリアを歩み、どんな経験を積むかについて
理想のパターンをお話しします。
事業承継を控えた後継者だけでなく、
事業承継にはまだ時間があると考えてる方に
特にお聞き頂きたい内容です。


▶アシスト2代目(株式会社高橋)
後継者・後継社長の方
http://asisst-2daime.com/

▶事業承継コーチング協会
士業・コンサル・FPの方
https://www.jsc-kyokai.com/


様々な跡取り娘をサポートされている内山代表の
事業承継に向けてのあり方やメンタルのお話はとても興味深い内容でした。
男性でも女性でも、事業を引き継ぐことには難しさや不安があり、
その悩みを安心して話せる『場』が大切であること。
さらに、親子の関係性を良くして、会社を発展させる
女性後継者ならではの強みをより深く解説しています。
男性後継者にこそお聞きいただき、事業承継のヒントにしてください。

(一社)日本跡取り娘教育協会
https://atotorimusume.com/


▶アシスト2代目(株式会社高橋)
後継者・後継社長の方
http://asisst-2daime.com/

▶事業承継コーチング協会
士業・コンサル・FPの方
https://www.jsc-kyokai.com/


<新春特別対談>

女性後継社長「跡取り娘」の経営の特徴は、軽やかに活動できる【桂馬】である。
これまでの会社で大事にしている部分を中心におきながら、
少し離れたところで独自路線で経営に新しい風を吹きこんでいます。
そして、事業承継で最も成功している秘訣は、跡取り娘が先代にある言葉をいうことです。
女性後継社長の方は是非お聞き下さい。

(一社)日本跡取り娘教育協会
https://atotorimusume.com/


▶アシスト2代目(株式会社高橋)
後継者・後継社長の方
http://asisst-2daime.com/

▶事業承継コーチング協会
士業・コンサル・FPの方
https://www.jsc-kyokai.com/


<新春特別対談>
後継者をサポートする協会の代表同士の対談が実現!

女性の後継者の「跡取り娘」に詳しい内山代表。
「私が会社を引き継いで、やっていけるかな?」
会社の後を引き継ぐにあたり、跡取り娘として、
仕事やプライベートまで女性だからこそ幅広く悩むことがあります。
そんな女性後継社長をサポートされている内山代表から
自分自身の心を整理する方法をお話いただきます。
スペシャルな内容であり、強かに活躍される女性後継者の内容です。

(一社)日本跡取り娘教育協会
https://atotorimusume.com/


▶アシスト2代目(株式会社高橋)
後継者・後継社長の方
http://asisst-2daime.com/

▶事業承継コーチング協会
士業・コンサル・FPの方
https://www.jsc-kyokai.com/