第79回には「時間資源」、
第82回には人とのご縁のお話をいたしました。

時間・人ときたら、次は「お金の話」が聞きたい!

というお相手の御代田さんの無茶振りから、
小阪にしては珍しいテーマ、
今回は「お金」をお話します。

番組内で小阪が1997年の処女作
『ワクワクするビジネスに「不況」は、ない』(ヴォイス刊)
の中で、お金に触れているとお話しておりますが、

そのちょっとした触りはどうぞこちらからご覧下さい。
https://www.kosakayuji.com/books_preview.php?i=4&c=ma

さてでは、2017年の小阪裕司は
「お金」をどう語るのか?!

どうぞ今回も楽しんでお役立て下さい。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
ワクワク系マーケティング説明会受付中
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
詳細・お申込みは、
http://www.kosakayuji.com/s_wakuwaku.php

年内最後の開催となります、お見逃しなく。
●2017年11月30日(木)13:20~16:00 東京

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●


前回前々回と、
音声プラットフォームアプリ「ヒマラヤ」のオープニングコンテンツとして
この番組の配信が始まったお話をいたしました。

お相手の御代田さんからのご質問は、
「小阪さんは、そういったおもしろい人たちとどんなふうに出会っているのか?」

そうですね。

25年前はサラリーマン、脱サラ企業組の小阪が、
本を出版させていただいたり、学会の理事になったり、
大学の客員教授になったり、博士号をとったり...。
ご縁あっての賜物です。

さて、それはどういうことなのか?!
どうぞ今回も楽しんでお役立て下さい。

*番組冒頭で「10/28の番組」と言っておりますが「10/26」の間違いです。
 申し訳ありません。ここに、お詫びして、訂正させていただきます。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
ワクワク系マーケティング説明会受付中
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
詳細・お申込みは、
http://www.kosakayuji.com/s_wakuwaku.php

年内最後の開催となります、お見逃しなく。
●2017年11月7日(火)13:50~16:30 大阪
●2017年11月30日(木)13:20~16:00 東京

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●


音声プラットフォームアプリ「Himalaya(ヒマラヤ)」の
配信が開始されたことにともない、
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.ximalaya.ting.international&hl=ja
新たにヒマラヤからお聴きの方もいらっしゃるかと思います。

そこで、小阪の自己紹介をお送りいたします。

でも、ずっと様々変化・成長があり、
これまで聞いたことがない自己紹介内容になっています。

小阪裕司はコンサルタントではない(これは始めからです)
オラクルの種分類は何なのか?

長くお聴きの方にも改めての自己紹介を、
どうぞ楽しんでお役立て下さい。


『中国で4億人の登録者数を誇る音声プラットフォームアプリ
「Himalaya(ヒマラヤ)」が満を持して日本に初上陸!』

と、2017年9月14日に、
新たな音声プラットフォームがオープンしました。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000028442.html

そのオーニングコンテンツの1つとして、
本「小阪裕司の商売の極意と人間の科学」が
「ヒマラヤ」上でも配信開始となりました。

シマラヤジャパン株式会社が運営する「ヒマラヤ」という
やや、ややこしいお話ですが、

中国ではシマラヤが2013年に「シマラヤFM」というアプリ名で配信を開始、
現在の登録者は4億人に上り1億件の音声コンテンツが提供されています。

その世界進出第一弾としてスタートしたのが
今回の日本版「ヒマラヤ」。

オープニングコンテンツとなったのは、
突然、唐突に、弊社のホームページのお問合せ窓口に、
シマラヤジャパンさんからお問合せ(ご依頼)をいただいたのがきっかけです。

2017/9/26現在は、

<ダウンロード方法>
【Androidなどスマートフォンご利用の方】
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.ximalaya.ting.international&hl=ja
【iphoneご利用の方】
現在Apple社の審査中で、近日中に配信予定。

ということで、
iphoneご利用の方はまだダウンロードいただけない状態ですが、
Androidの方もiphoneの方も試しにここをご覧になってみて下さい。
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.ximalaya.ting.international&hl=ja

なんと!(現在のところ)説明画面が、
「小阪裕司の商売の極意と人間の科学」の表紙になっています!!

さて、このご縁・そして今後を、小阪裕司はどう語るのか?!
どうぞ今回も楽しんでお役立て下さい。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
ワクワク系マーケティング説明会受付中
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
詳細・お申込みは、
http://www.kosakayuji.com/s_wakuwaku.php

●2017年 9月30日(土)13:20~16:00 東京
●2017年10月13日(金)18:20~21:00 仙台

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●


第79回 時間資源

  • 投稿日:

事業が拡張・拡大・変化・変態していく日々は、
まるで毎日渦を巻いているかのよう。

その中で、
小阪が、メンターとか兄貴分のような方々から
共通していただいたアドバイスがあります。

メンター・兄貴分のみなさまお一人ずつは面識がなく
お知り合いではないのに同じことを?

今の小阪にとって、
それだけ大事な宇宙からのメッセージかもしれません。

あくまで、今の小阪にとってですので、
ご自身への応用はしっかりお考え下さい。

さて、それはどんなアドバイスだったのか?
どうぞ今回も楽しんでお役立て下さい。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
ワクワク系マーケティング説明会受付中
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
詳細・お申込みは、
http://www.kosakayuji.com/s_wakuwaku.php

●2017年 9月30日(土)13:20~16:00 東京
●2017年10月13日(金)18:20~21:00 仙台

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●


第78回 細胞が喜ぶ時空間

  • 投稿日:

夏の終わり、ですね。
「夏の思い出」と言ったら、どんなことが思い浮かびますか?

小阪の夏の思い出は、
高校の同窓会だったようです。

学年の半数ほどの人が参加され、
昔のバンド仲間にも会い、
大変楽しかった様子です。

その話がどう役に立つの?

さて、どんな話が展開されていくのでしょうか。

どうぞ今回も楽しんでお役立て下さい。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
ワクワク系マーケティング説明会受付中
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

詳細・お申込みは、
http://www.kosakayuji.com/s_wakuwaku.php
●2017年 9月30日(土)13:20~16:00 東京
●2017年10月13日(金)18:20~21:00 仙台

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●


第77回 アジャイル

  • 投稿日:

前回の「神経科学」でお話いたしました、
「サイコロジカルセイフティ」「適度な危機感」

そして、
「未知へのチャレンジ」と分かち難く結びついているという
いざ、ここから話がもう一山盛り上がる!
というところで、つづくー、となっておりました。

お待たせいたしました。
つづくお話ででてくるキーワードは「アジャイル」

さて、どんな話が展開されていくのでしょうか。

小阪自身やお相手の御代田さん自身の現在とも
照らし合わせて話が進むところもぜひお聴き下さい。

それでは、どうぞ今回も楽しんでお役立て下さい。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
ワクワク系マーケティング説明会受付中
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

詳細・お申込みは、
http://www.kosakayuji.com/s_wakuwaku.php
●2017年 8月24日(木)13:20~16:00 大宮
●2017年 9月 1日(金)18:20~21:00 金沢
●2017年 9月30日(土)13:20~16:00 東京20
●2017年10月13日(金)18:20~21:00 仙台

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●



テーマ:『この番組を初めて聴かれる方へ ~小阪裕司は何者なのか?この番組の聴きどころは?~』
ありがとうございます!「小阪裕司の、商売の極意と人間の科学」へようこそ!
この番組は、2006年11月7日に始まり、2014年8月26日には第200回を数えた「小阪裕司のワクワクビジネスボイス」の大バージョンアップ版。
商売の現場と学術研究の両面に深く携わる小阪裕司だからこそのより深く・より独自の番組となっていきます。
第0回では、どなたさまにも改めてご挨拶。
小阪裕司の専門、どういう点が独自なのか、商売にも学術研究にも携わっていると言うけれど、実際はどう携わっているのか、実績があるのか、この番組の聴きどころはどんなところか、などを、小阪本人からお話させていただきます。
末永いおつきあいを、どうぞよろしくお願いいたします。(収録日:2014/8/25、収録時間 00:14:36)