第102回 取引先や従業員のために約束手形をやめて正しい経営を目指した苦労と実現:株式会社三和総業 椿本和生 専務 インタビュー【その2】

  • 投稿日:

自社だけでなく、周りも含めていい環境になるように、全力を尽くした。
・自社と取引先の将来のために、約束手形をやめて、現金払いにした
・支店ごとに受注の内容をしばったことで、仕事を効率化した
・支店の融和のために情報共有する仕組みを作った
すべては、正しいことであるが、厳しい時期もあった。
それを貫いたことで現在が筋肉質の企業になれた、そのポイントは。